米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

   

こんにちは!
本日もエンタメ情報をお伝えします。
米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

Filed under: , , ,

2匹の犬、バートとバブスはとても仲良し。しかし、この活発な2匹のうち1匹は、実は目が見えていない。


「約1年前、この2匹が施設に来た時、バブスは緑内障を患っていました。とても痛がっており、既に眼球を摘出せざるをえない段階でした」。米テキサス州ダラスにある犬の保護団体「DFW Rescue Me」のスタッフ、ジム・ウェンガーさんはこのように語っている。

同団体は、1年前に子犬だった2匹を保護し、育てている。目が見えないバブスは、バートを信頼しており、バートにどこでもついていくのだ。

ウェンガー氏はこう話している。「バートはバブスにとって、まるで盲導犬です。バートが部屋に入れば、バブスも入ります。バートがソファに乗れば、バブスもそれに従います。車に乗る時もそう。本当に驚きます。バブスを見ていると、目が見えていないということを忘れるくらいです」

目の見えないバブスにとって毎日は大変だが、彼女専用の盲導犬であるバートと一緒なら、何も心配はいらないのだ。

同団体は、2匹を引き取ってくれる人を募集中だが、職員は貰い手を探すことは難しいと考えている。

ウェンガー氏はこう話す。「2匹の家族を探す上で難しいのは、他の犬がいる家はダメだということです。なぜなら、バートはバブスを守ろうとするあまり、警戒心が強いからです。1匹も犬がいない状態から、急に2匹を飼ってもらうことになるため、貰い手を探すのが難しいのです」2匹の物語はまだ終わりではない。早く新しい飼い主が見つかることを願うばかりだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

 つづきを読む>>
引用: 米国の犬の保護団体が、盲目の犬とそのパートナーの盲導犬を一緒に引き取ってくれる人を募集中

 - エンタメ情報 ,