眼鏡の無償支給で米ボルティモアの生徒の成績が向上

   

こんにちは!
本日もエンタメ情報をお伝えします。
眼鏡の無償支給で米ボルティモアの生徒の成績が向上

Filed under: , ,

昨年、米メリーランド州ボルティモアの学校で開始されたプログラムの効果で、生徒の成績が向上した。


そのプログラムで、特別な指導をしたり予習をさせたりするわけではない。無償で生徒の視力検査を行い、必要な生徒に、自身の選んだスタイリッシュなワービー・パーカーの眼鏡を支給するのだ。

ボルティモア市保健局、ジョンズ・ホプキンズ大学などの組織から成るプロジェクト「ビジョン・フォー・ボルティモア」は、そうしたサービスを受ける余裕のない家庭を支援することを主な目的として立ち上げられた。

政治メディア『Politico』によれば、同プロジェクトはまた、「貧しい生徒と豊かな生徒との読解力の持続的な格差は、貧しい生徒に眼鏡を支給することで縮まるか?」という問いの答えを得ることも目指している。

これまでのところ、それをよく支持する結果が出ているようだ。

「数百人の2年生と3年生をスクリーニングし、必要な生徒に2本の眼鏡を支給した。(中略)そして学校の成績を1年間追跡した。すると、サンプル数は少ないながらも顕著な結果が得られた。眼鏡の必要がなかった生徒に比べて、読解力が著しく向上したのである」と『Politico』は伝えている。

初めにスクリーニングを行い、さらなる検診は学校を訪れた移動検診車で実施する。その後、生徒は眼鏡を選び、準備ができたら学校に届けられるという流れだ。

2016年に始動したビジョン・フォー・ボルティモアは、3年にわたって活動する予定で、その間におよそ150校で6万人以上の生徒をスクリーニングすることを計画している。

同プログラムは、公的資金が投じられているものの、大部分は助成金と寄付金によって運営されている。


■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

 つづきを読む>>
引用: 眼鏡の無償支給で米ボルティモアの生徒の成績が向上

 - エンタメ情報 ,